起業・独立ならドリームゲート

2013年03月28日

経営理念(軸)を持とう!

介護経営コンサルタント 松長根 幸治


皆さん、こんばんわ^^

なかなかブログやメールマガジンが更新できない日々が続いております・・・

頑張ります(><)/

今日は最近思ったことを書きたいと思います。

前回のブログでお知らせしましたが、3月1日に新規デイサービス「デイサービス五幸平井」が

オープンしました。

おかげさまで10名以上のご利用者様と契約をすることができました。

本当にありがたいかぎりです。心より御礼申し上げます。

弊社の「うり」は何と言っても【3時間で食事とお風呂が利用できる】ということだと

思います。

「もっとここに居たい」とのとてもうれしいお言葉をいってくださるご利用者様もいらっしゃいますが、

3時間のサービスに皆様とても満足されております。

しかし、その中でも「もっと短い時間がいい」とのお話もいただきます。

体調不良の方や、腰痛がある方、他人とあまり一緒に居たくない方などなど

色々な理由はあると思います。もちろん短時間で介護報酬がいただけるなら

希望を叶えてあげたいところですが、食事と入浴のみですと1時間もあれば終わってしまいます。

現在の介護保険法では1時間のデイサービスの報酬規定はありません。

規定がないということはサービスを行っても、報酬がもらえないということです。

ご利用者様は十人十色です。お一人お一人の希望に添えるのがベストだとは思います。

まだまだ介護保険が現実に則していないところもたくさんあります。

しかし・・・

わがままとしか取れないようなご要望もあります。

普通の社会だと相手にされない要望を言う方も多いのも事実です。

ラーメン屋でフランス料理のフルコースを注文するような感じです。

実際現場では主張の強い方に振り回されることが多々あります。

その分、何も言わない方、言えない方、本当に楽しまれている方に迷惑をおかけしてしまっているのも

事実です。

またまたしかし・・・・・

そのような方でもお客様ですし、もし週5日デイサービスをご利用されている方でしたら

事業所としては「上客」になります。

資金に余裕のある事業所は別かもしれませんが、会社としては何とか我慢して利用してもらおうと

なります。この経営判断は非常に難しいと思います。

他の事業所様ですが、少しでも面倒を起こすご利用者様をすぐ辞めさせてしまう事業所もあります。

よく独り言で「余裕があってうらやましい」と言ってしまいます。

もちろん、ご利用を断ることは私の主義に反するので弊社では決して行っていません。

しかし、本音では「なんとかならないかな~」と考えます。

我々介護者も人ですから・・・イライラもしますし笑顔が作れない時もあります。

それでもその方を想い頑張っていくと「道」が開ける気がしますし、実際変わられたご利用者様も

たくさんいらっしゃいます。

皆さんはどう思いますか?

今後高齢者がより増えることは確実だと思います。

しかし、今まで以上にサービス内容や接し方を考え職員間で統一しなければ

生き残れない業界になってくると思います。必ずそうなると思います。

そのためにも自分自身の中に「軸」が必要ですし、会社には「経営理念」が必要だと思います。

迷ったり悩んだりすることは多々あるかと思いますが、この

「軸」(想い)

をぜひ皆さんの中で構築してください。

偉そうなこと言っている私も「軸」がブレブレな時がありますが、

弊社の経営理念だけはブレたことはありません!

ご利用者様も職員も幸せになれる会社を目指し邁進していきたいと思います。

これからもよろしくお願いします^^/

それではまた!  

Posted by 株式会社五幸トータルサービス at 22:11Comments(0)介護保険 

2013年02月23日

デイサービス五幸2店舗目開設決定

介護経営コンサルタントの松長根です。

またまたご無沙汰してしまいました

前回のブログでお知らせしましたが、弊社の2店舗目のデイサービス

「デイサービス五幸 平井」の準備に毎日追われていました><

私自身、介護開設コンサルタントとして独立する方に開設支援をしていますが

改めて一から開設する大変さを思い知りました・・・

物件探しから契約、工事内容の確認・変更、備品の発注などなど・・・

よりよいデイサービスを作ろうと思うとどうしても納得がいくまで調べたり

交渉しなければなりません。そうしていると時間がいくらあっても足りないほど

バタバタしてしまいました。

現在は工事はもちろん、備品もほぼ全部そろい、内覧会も終わり

来週からは担当者会議と契約があります。

3月1日オープンですが、いいお知らせがあります!!

1店舗目「デイサービス五幸亀七通り」で達成した「1日も利用者様0の日がない」を

平井でも達成することができました。

ただし、平井は月~金営業ですので亀戸より1日営業日は少ないですが

ご利用者様がいない日がないというのはとても嬉しいことです^^

現在の利用予定人数は5名様です^^

利用を検討しているとのお話もケアマネさんよりいただいておりますので

3月中には15件の契約を目指し、頑張っていきたいと思います^^

「デイサービス五幸平井」のサービス内容や施設の様子などは

写真を添付してご紹介したいと思います。

それでは次回をお楽しみ  

Posted by 株式会社五幸トータルサービス at 12:48Comments(0)介護保険 

2013年01月14日

ご無沙汰しております。

介護経営コンサルタントの松長根です。

皆様、あけましておめでとうございます。

昨年の後半、ブログの更新が全然できませんでした。申し訳ないです><

11月から年末にかけて怒涛の忙しさでバタバタ×2しまくっていました・・・

いや~肉体的にも精神的にも余裕がありませんでした。

この空白の2か月間のうちに弊社にもいろいろな動きがありました。

まず、11月7日にコンサルティング会社「北斗パートナーズ株式会社」を設立しました。

五幸トータルサービスの子会社となります。

まだホームページができていないので本格的には稼働していませんが、

五幸トータルサービスではできない自費サービスや介護以外の業務を担っていきたいと考えています

次は弊社にもついに秘書兼事務員が入社しました。

今までは総務・人事・経理等会社経営にかかわることをすべて自分でやっていましたが

ついに限界がきました・・・><

期限までに書類が間に合わなかったらり。うっかり忘れてしまったりとミスが出てきてしまい

これはもう駄目だなと思い雇用することにしました。

派遣や人材紹介などを検討しましたが、料金が高く悩んでいるところに弊社のホームページの求人を見て

応募してくれた「佐久間さん」を雇用することにしました。

まだ若干20歳と若く、社会経験はさほどありませんが、佐久間さんのやる気と向上心を見込んで

採用しました。これからビシバシ鍛え上げていきたいと思います。

次に訪問介護事業で「障害者訪問介護」を平成25年1月1日付けで指定を受けました。

次期改正時には障害と介護保険の関係が深まることが予想されています。

私自身、障害者介護を経験したことがないので、制度が始まる前に障害者介護を経験したいと

思い、申請を出しました。区市町村によりやり方がだいぶ違うので戸惑っていますが

頑張って軌道に乗せていきたいと思います。

最後に、平成25年3月1日に江戸川区平井にデイサービス五幸2号店を出すことが決まりました^^/

今月に新規指定申請書を出すのでそれまでは詳細は控えさせていただきます。

丸4年を迎える前に2店舗目のデイサービスを開設することができ、とても嬉しいです。

現在弊社はデイサービス1か所、訪問介護・障碍者介護1か所、居宅介護支援事業所1か所となっております。

そして3月に新規デイサービスがオープンするのでデイサービスが2店舗になります。

目標は半年で軌道に乗せることです。しばらく私が管理者として現場に入りたいと

思っています。

以上の変化の対応や新規のコンサルの対応などで怒涛の2か月間でした。

今年は昨年以上に更新をしていきたいと思いますので応援のほどよろしくお願いいたします。

それではまた^^  

Posted by 株式会社五幸トータルサービス at 16:36Comments(0)

2012年10月12日

経営をしていく上で通る道

昨日、夜10時よりテレビ東京系で「カンブリア宮殿」が放送していました。

(私は見ていません・・・職員に内容を聞きました)

【儲かる味の革命児たち】という内容で宅配寿司の銀のさらが紹介されました。

銀のさらは宅配寿司№1企業です。中食産業で大手企業ではないでしょうか。

実は私は・・・10年近く前、銀のさらで働いていました。(アルバイトです)

約3年近くお世話になった思い出のある企業です。

今でこそCMを放送したり、釜めし・カレーなどの宅配も手がけていますが

私が入社したころは加盟店数も少なく、これからガンガンいくぞという雰囲気の企業でした。

その当時の合言葉は「ヤフーを抜き、上場年数最短企業になる」でした。

しかし、今思うと経営とは大変ですね。そうはうまくいきませんでした。

過労により社員が倒れたり、ある店舗ではアルバイトが一斉に全員辞めたり

バイク事故があったり、クレーマーに悩まされたり・・・

私はアルバイトでしたが、調理免許を持っていたこともあり社員さんと同様の仕事を

させていただいていたので色々な話を聞いたり、経験をさせてもらうことができました。

(その時教わったにぎりの技術は今もデイサービスのイベントの時に役立っております。)

一度は社員に誘われましたがその当時は別の夢があったためお断りしました。

私が働いていたころいた社員さんは今では会社の中心となり働かれていると思います。

しかし、その当時は本当に大変だったと思います。江見社長も含め死に物狂いだったと

思います。

会社が大きくなるということは、たくさんの経験を乗り越えてこそより成長し

大きくなっていくのではないでしょうか?

起業した会社が5年後残っている割合が10社に1社と言われています。

起業するということは大変です。生半可の気持ちではできません。

それ以上に会社を発展させていくことも大変です。

我々コンサルタントは経営者のお手伝いしかできませんが、経営という荒波を共に乗り越える

クルーだと思います。

ぜひ、お気軽にご相談ください。  

Posted by 株式会社五幸トータルサービス at 22:55Comments(0)経営者論

2012年10月07日

ご利用者過剰主義でいいのか?










こんばんわ。
介護経営コンサルタントの松長根です。

今日は、最近弊社の訪問介護での出来事を書きたいと思います。

地域包括支援センターより新規のご利用者様をご紹介していただきました。

そのご利用者様は他社での訪問介護サービスを受けていましたが、

事業所が閉鎖になるため弊社が引き継ぐことになりました。

(以下この閉鎖事業所をA事業所と呼びます)

最近、永眠された方や施設入所された方が多かったので新規のご紹介は大変助かります。

しかし、問題がありました。

通常1時間で行うサービスを、A事業所は約1時間30分かけて行っていました。

もし1時間30分かかってしまうのなら、サービスの見直しが必要ですが

ご利用者様の過度の要望を聞きすぎていたため30分オーバーしていました。

訪問介護員の気持ちもわかります。

ご利用者様から「あたなが来てくれるのが嬉しい」「あなたのおかげ」「本当にありがとう」

など言われてしまうと「もっとこの人のために何かしてあげたい」という感情が生まれます。

訪問介護員は人間です。いくらダメと言われていてもついついやってしまうこともあると

思います。しかし、我々は介護のプロです。生業にしています。

ですので、その感情をぐっと堪えて対応しなければなりません。

どうしても必要だと思われるサービスなら、ケアマネさんや家族に相談し

プランを変更するしかありません。

しかし、このプロ意識が足りない事業所や介護職が多いと思います。

話を戻しますが、弊社の担当者はサービス内容を見て1時間のサービスと判断し

ご利用者様にサービス提供時間を伝えました。しかし、ご利用者様からすると

A事業所がやってくれていたことをやってほしいので、30分短くすることが

悪い事業所・融通の利かない事業所と見られてしまいました。

ご利用者様や事業所が特定されてしまう恐れもあるのでこれ以上詳しくは

書けませんが、このA事業所は多くの介護保険法違反をしていました。

介護保険法に則りサービスを行っている事業所がダメな事業所とレッテル張られてしまう

ことは多々あります。(ご利用者様とケアマネジャーさんからです)

それは他の事業所がサービスを過剰にしすぎているからです。

先ほど事例で言えば、たぶんA事業所は1時間半分の給料を訪問介護員に支払っていたと

思います。しかし、報酬は1時間分です。ですので、30分は会社負担です。

すべてのことが綺麗に割り切れるわけではありません。

会社が目をつぶらなければならないこともあるかもしれません。

しかし、それによりすべての人に迷惑をかけていることを忘れてはいけません。

介護事業所のホームページやパンフレットの「ご利用者様を第一に考える」

「ご利用者様の要望を一番に優先する」など書いてあるところが結構あります。

ご利用者様を第一に考えることは重要です。しかし、決して何でも屋になってはいけないのです。

ご利用者主義が行き過ぎると過剰サービスや違法になることが大半です。

そして、大半の介護事業所は営利法人です。利益をあげ会社を存続させなけばなりません。

会社を守ることは職員を守ることです。職員がいなければ介護サービスを提供することも

できません。それで一番困るのは介護を本当に必要とするご利用者様です。

介護保険制度を維持していくためにも、ご利用者過剰主義にならず

介護のプロとして介護保険法に則ったサービスを全力ですべきだと思います。

介護保険範囲内で出来ないサービスは自費で行うべきです。

我々が行っている介護はボランティアではないのですから・・・
  

Posted by 株式会社五幸トータルサービス at 22:42Comments(0)

2012年10月04日

介護事業者情報公開について

皆様こんにちわ。
介護経営コンサルタントの松長根です。

平成24年10月1日より介護事業者公開サービスの内容が変更になりました。
今までは各都道府県により独自のサービスがあったりなかったり
しました。唯一全国を網羅しているのが「WAMネット」という独立行政法人が
運営するサイトでした。
それがより見やすく、検索しやすく変更になりました。
あと、年一回行われていた情報公開も変更になりました。
東京都場合は年に一回施設に調査員が訪問してきて
検査項目を調べていました。
情報公開自体は問題ないのですが、手数料が高いのが
問題でした。サービスによって異なりますが
大体2万円~3万円の手数料がかかっていました。
複数サービスを運営する会社にとっては痛い出費でしたが
今年からはネットでの申告がメインになり
料金も基本的は無料になりました。
弊社も3つのサービスがありますので、非常に助かりました。
資金繰りはどこの会社も苦慮しているのではないでしょうか?
もちろん儲かって仕方がないという会社もあると思います。
不正請求もなく、真面目にやっている会社ならいいですが、
資金繰り苦での不正請求もあるのも事実です。
計画的に経営すればそのようなことをしなくても
堅実な経営はできます。
書類不備も不正請求に該当します。
不正請求ゼロを目指していきたいですね。
書類関係や資金繰りにお悩みをお持ちの方はお気軽に
ご相談ください。
必ずお役に立てます。  

Posted by 株式会社五幸トータルサービス at 18:04Comments(0)介護保険 

2012年09月22日

五幸メールマガジン創刊!

介護経営コンサルタント 松長根ブログ


皆さん、こんばんわー。

今日は皆様にお知らせがあります!

本日五幸トータルサービスでメールマガジンを創刊することに
なりました。

なぜ創刊することにしたのか・・・?

それは一人でも多くの介護事業者の方やこれから介護業界で働こうと

思っている方へ私が今まで体験したことやコンサルタントとしての

情報を共有できればと思い、創刊することにしました。

そして、メールマガジンを読んでくださっている方と情報交換ができ

より生きた情報を皆様へお届けできればと思っております。

来月より、他のデイサービス事業者様めぐりをしたいと考えております。

そこで事業所様をご紹介したり、取組などをお伝えできればと

思っております。

メルマガとブログといろいろなところで情報を発信させていただきますので

ぜひご期待ください。
  

Posted by 株式会社五幸トータルサービス at 23:14Comments(1)

2012年09月19日

介護事業所 実地指導について

こんにちわ。

日中の暑さは相変わらずですが、朝晩だいぶ過ごしやすくなってきましたね^^

しかし暑がりの私はエアコンがまだ手放せません・・・

さて、私松長根は介護経営コンサルタントをやっておりますので

介護保険や事業所に関する情報をできる限り集めております。

そこで今日は今話題!?になっている保険者による実地指導について

書きたいと思います。

皆さんの事業所に都道府県や市区町村の保険者の実地指導が入ったことは

ありますか?

厚生労働省は平成24年度中に全事業所に指導するよう都道府県に通達を

出しています。東京など事業者数が多い場所は集団指導や書類での

指導をしていると思います。

実地指導は事業開始1年を過ぎた事業所と指定申請の更新を迎える

事業所に入りやすいといわれています。

実は・・・弊社が運営している「デイサービス五幸亀七通り」に

一昨年、実地指導が入りました!!

いや~大変でした・・・><;

しかし、開業して1年半ぐらいに指導が入ったので今では色々勉強になり

よかったと思っております。

指導までは、介護保険のことはほとんどわかっていると自負しておりましたが

甘かったです・・・

自分が知らない条文や通達が出てくる出てくる。

特にローカルルール(自治体による解釈)には面を食らいました。

正直いいまして「そんなこと聞いたことない!」っていうことがたくさん

ありました。しかし保険者からすると「知らないあなたが悪い」という対応です(涙)

確かに天狗になっていたかもしれません。デイサービス事業も軌道に乗り

毎月収益を確実に上げていましたので。

居宅介護支援事業所とデイサービスに同時入りましたが

過誤調整もありました。完全な記録書き忘れと、計画書にない提供時間区分の

サービスを行ったことによる調整でした。

過誤調整があるということはお恥ずかしいかぎりですが、正直に

書かせていただきました。なぜなら今は一昨年より比較にならないほど

厳しくなっているからです。

年間いくらの過誤調整があるか皆さんご存知ですか??

なんと全国で約50億円です!!!

1つの都道府県で約1億円です。

過誤調整という言葉がわからない方もいると思うので説明します。

一言で言ってしまうと、介護保険請求した給付金が間違っていたので

正しく請求し直しなさいということです。(請求を取り消す場合もあります)

要はお金を返しなさいということです。

これは経営者からすると大変な痛手です。

資金繰りが余裕な会社はそんな多くないと思います。

どちらかといえば役員報酬をあまりもらわないようにして

資金繰りをしている会社が多いのが中小介護事業者の実情だと思います。

ただでさえギリギリなのに、何十万や何百万返せと来たら・・・

過誤調整を機に廃業する事業所もあります。

それほど過誤調整は経営側からすると大変なことです。

それでは実地指導が入っても過誤調整をすることなく済むには???

それこそ私の出番です!

今まで実地指導が入ったことのない事業者様!!

今日から考え方を変えてください。「今まではラッキーだったと・・・」

指導を受けたから言えますが、本当に大変ですしハラハラドキドキものです。

正直2度と受けなくないと思ってしまいます。

しかし、弊社は指導の教訓を生かし指導に来られても大丈夫な

仕組み作りをしております。(あたり前の事かもしれませんが・・・)

しかし、このあたり前のことができていない事業所は山のように

あります。

実地指導が入って過誤調整をしてからでは手遅れになる可能性があります。

その前に自社の仕組みや書類関係を整備することをお勧めします。

そして最後に一番重要なのは

「どんなことでも記録する」ということです。

何をどのように記録すればいいか?もしわからなかったり自信がない事業所様は

メールでもかまいませんのでお気軽にご相談ください。

しつこいようですが、実地指導の通知が来てからでは手遅れです。

これは脅しでもコンサルティングのために言っているのではありません。

介護保険を利用するご利用者のためと介護保険法がこれ以上厳しくならないように

我々事業者に課せられた使命だと思っています。
  

Posted by 株式会社五幸トータルサービス at 11:44Comments(0)

2012年09月13日

社長ブログ始めました!

はじめまして。
株式会社五幸トータルサービスの松長根幸治と申します。

私はご利用者様や介護業界で働く人のために何かできないかと想い一念発起し
「すべての人に幸せを」をモットーに平成21年2月に会社を設立させていただきました。

創業当初は資金繰や人材確保など次から次へと問題が起こりそれは大変な日々でした。しかし弊社で働く職員や近隣のケアマネジャー様のご協力もあり、デイサービス事業は約半年で黒字事業になることができました。

その後は居宅介護支援事業所【五幸ケアサービス】を設立、平成23年10月に訪問介護事業所【五幸ケアサービス】を設立、会社設立から2年8か月で3つのサービスを運営することができました。この経験を生かしコンサルティング事業も行っております。ぜひ弊社の情熱とノウハウを感じていだきたいと思います。

「介護は最高のサービス業」が私のモットーです。ご利用料をいただきながら心から感謝される仕事は他にありません!不謹慎かもしれませんが、人間は必ず生を受けた瞬間から死に向かいます。

人生を振り返った時に、「五幸に出会えてよかった」とご利用者様やご家族様に想っていただける様な支援や楽しみを提供できるような会社にしてまいります。超高齢化に突入した日本ですが、高齢者の方を始めすべての人が幸せを感じれるような社会を目指しいきたいと思います。

株式会社五幸トータルサービス
http://www.gokou-totalservice.co.jp/index.html  

Posted by 株式会社五幸トータルサービス at 17:13Comments(0)